ロータリーの友情を楽しもう!

~ガバナーエレクト応援年度として~

2019~2020年度 会長 鈴木 宏明


ご承知の通り、次年度はいよいよ脇ガバナーが誕生されます。
3クラブにも協力を仰ぎながら、ガバナーを盛り上げクラブの発展と結束に努めたいと考えています。


重点事項

  1. 会員増強 純増5名(内女性会員2名)を目標とする。
  2. ガバナー輩出クラブとしての盛り上げに努める。
  3. 市内3クラブの連携に努める。
  4. ロータリー財団「グローバル補助金」の研究と挑戦

以上


参考


2019~2020年度 RI会長マーク・ダニエル・マローニー氏のテーマは「ロータリーは世界をつなぐ」です。

ロータリーの礎は「つながり」


若い弁護士としてシカゴにやってきたポール・ハリスがロータリーを創設した最大の理由は、見知らぬ街で他の人たちと「つながる」ことでした。
私たちの周りでは、ポール・ハリスの時代には想像もできなかったような友情とネットワークを構築のための方法が多く存在する。
でもロータリーにおける「つながり」は独特でほかに類を見ません。


優先事項として

  1. ロータリーを成長させる。(会員増強)
  2. ロータリー活動と家族を補完しあう文化の構築。
  3. ロータリーリーダーと仕事との共存。
  4. 国連とのパートナーシップ。

また RI 2710地区 晝田眞三ガバナーの信条は「ロータリーの未来を語り、礎を築こう」です。

重点運営方針

  • 会員基盤の強化
  • 世界で良いことをしよう ...地区補助金の積極的活用促進
  • 青少年プログラムの実施
  • “世界を変える行動人”キャンペーンによる認知度向上
  • クラブと地区運営の調和

地区・クラブにおいて達成すべき目標

・会員増強
51名以上のクラブ 純増2人以上
51名以下のクラブ 純増1人以上
・ロータリー賞へのチャレンジ

シェアする