Enjoy and Serve with Inspiration
”インスピレーションを持って、まず楽しみ、かつ奉仕も”

2018~2019年度 会長 杉山 知行


2018~2019年度RI会長バリー・ラシン氏のテーマは
「BE THE INSPIRATION」です。
強いて意訳すれば「挑戦しようというインスピレーションを自分の中にまず鼓吹し、それを他のロータリアンにも伝え鼓舞して下さい。そして共に世の中に感動を与えて行こうではありませんか」といった所でしょうか。


優先事項としては

  1. クラブのサポートと強化
  2. 人道的奉仕の重点化と増加
  3. 公共イメージと認知度の向上

またRI 2710地区 吉原久司ガバナーの信条は「輝こうロータリー ふたたび!」です。基本目的は「仲間を増やそう、すべてはそこから始る」となりました。


重点運営方針は


  1. 藤中年度に継続して2016年規定審議会での決定事項の各クラブへの深化と情報収集
  2. クラブの活性化を支援し、新クラブを設立し、会員増強する(特に女性・若人)
  3. がん予防の普及推進とモニタリング
  4. ロータリー財団への寄付と補助金の積極的活用
  5. 好ましい公共イメージを推進し、地区のスポークスパーソンとなる。
  6. 地区戦略委員会とクラブ戦略委員会との連携・協力
  7. 米山記念奨学会事業の理解と支援
  8. インターアクトクラブ、ローターアクトクラブ、RYLA、青少年交換の増強・支援
  9. IT、SNSの活用促進

これらの意向を受け、私は今年度の方針として


「Enjoy and Serve with Inspiration」としました。人生もロータリー活動も、Inspiration的なものを背景に持った上で、一生懸命楽しくまず頑張る。そうすればリーダーシップにあふれ、高潔で思慮深く活動的なロータリアン達にとっては、立派な奉仕活動も結果として必然的に出来うるはずです。


重点テーマとして


  • クラブの活動を楽しく活性化する(同好会活動も含む)
  • 現会員の維持強化と新会員の増強
  • 長期戦略計画の認識
  • 公共イメージと認知度の向上
  • 市内3クラブとの連携

そして2020年の脇ガバナー年度についての心構え・準備も指摘しておきたいと思います。


シェアする